ユーザー名 パスワード
 
 
銀聯についてオンライン決済カードホルダーサービス
 現在の位置: | 日本語ウェブサイト 銀聯概要 銀聯について
中国銀聯について

  中国銀聯は中国国務院の同意のもと、中国人民銀行より批准され、2002年3月に設立された中国の銀行カード連合組織で、本社を上海に置いています。

  中国の銀行カード連合組織として、中国の銀行カード産業の中心的な位置にある中国銀聯は、中国の銀行カード産業発展の基礎となる役割を担っています。各銀行は銀聯の銀行間決済システムを通じ、システム間の相互接続、さらに銀行カードの銀行間、地域間、国際間利用を実現しています。中国銀聯は、銀聯銀行間決済システムの構築、運営、ならびに銀行カードネットワークの普及を実現し、商業銀行など各関係機関と共に、銀行カードの統一標準規格を普及させ、銀行カードの自主ブランドの構築とカードの普及、発展を推進し、銀行カード市場の市場秩序の維持とカードリスク防止を図っています。

  中国銀聯の設立は、「世界規模でのルールの制定、事業の推進、市場の拡大、秩序と規範、リスクと防止」という産業発展における新体制の形成と、中国の銀行カード産業が集約化・規模化発展に向け、全面的且つ急速な発展段階に入ったことを表しています。

  中国銀聯は銀行カードの組織機能を十分に活かし、商業銀行や専門機構などの銀行カード産業の各関係方面との提携を積極的に進め、中国の特色を出した銀行カード産業発展の道を探し出すとともに、国家経済、金融安全を強力に擁護し、中国の銀行カード産業の飛躍的発展を実現させました。

  中国が銀行カード産業において、世界でも成長著しい、潜在能力を秘めた国の一つとなるなか、中国銀聯は中国の経済社会発展のニーズに順応し、産業使命のもとに社会的責任を果たすため、自主知的財産権を持ち、統一的な業務規範及び技術基準に合う高品質かつ国際的な自主ブランドである銀行カードとして、2003年8月、商業銀行と共に、中国の銀行カードにおける自主ブランド ―― 銀聯カードを発表しました。

   銀聯カードの普及に伴い、中国国民の銀聯ブランドに対する知名度は日増しに高まっています。権威ある国際市場調査機関A.C.ニルソンの調査によると、銀聯ブランドの中国国内における認知度は100%に達し、中国の銀行カード市場をリードし続けています。

   中国銀聯と各商業銀行の努力により、銀聯ネットワークは東部地域や大中都市ばかりでなく、中西部地域や中小都市、農村地域への拡張も加速し、すでに大規模な銀行カードの決済ネットワークを形成しています。ネットワークの不断の深化と中国国内の銀行カード取扱環境の改善に伴って、銀行カードの取扱高は著しく増長しています。

   また、多様化するカード利用ニーズに応えるため、中国銀聯は各種銀行カードに基づいた総合決済サービスの推進に力を入れています。ATM端末からの現金引き出しや加盟店のPOS端末での決済が可能なだけでなく、インターネット、携帯電話、固定電話、セルフサービス式決済端末、デジタルテレビ用チューナーなどの新興ルートによって、銀聯カードでの公共料金の支払い、航空券やホテルの予約、クレジットカードの返済、口座自動振替等も実現可能となりました。現在、より広範囲の、より多くの分野における、より豊富なアクセスチャンネルの銀行カードの取扱環境の構築を進めています。

  加えて、日増しに高まる中国人カード会員のビジネス、旅行、留学など海外におけるカード利用ニーズを満たすため、また、銀聯ネットワークを通じ、中国国内の商業銀行のサービスを海外に広げるため、中国銀聯は積極的に国際決済ネットワーク構築を展開しています。現在、銀聯カードは既に141余の国と地域で利用可能となっており、加えて海外における銀聯カードの発行を促進し、海外のお客様に中国での仕事、観光、留学の面での決済の利便性を図っています。銀聯カードは中国のみならず、多くの国と地域のカード会員様に受け入れられています。

  中国銀聯は設立以来、中国共産党や政府から高い関心を注がれています。2010年1月16日、胡錦濤中国共産党中央委員会総書記兼国家主席兼中央軍事委員会主席の中国銀聯視察の際、同氏は、中国銀聯が商業銀行と共に開発した銀聯カードが、中国の銀行カード産業の発展を促進し、人々の生活に利便性をもたらしたと賞賛しました。また、銀行カード産業は有望な産業であり、絶えず業務分野を拡大し、サービスレベルを向上させ、国際化のプロセスを加速して、「銀聯」を国際的な主要銀行カードブランドとするよう指示を出しました。温家宝首相も前後して銀聯を二度視察し、2007年5月中国銀聯視察の際には、中国銀聯のネットワーク普及推進、自主ブランド構築、銀聯国際化の発展、銀行カード決済システム構築における実績を高く評価し、新時代における銀行カードの「安全、統一、革新、普及」という事業方針を示しました。

  急成長を続ける中国には、強く、自主的な銀行カード産業が必要であり、それには中国の銀行カード産業界が一丸となって努力していくことが必要となります。中国銀聯は中国共産党と政府が出した新たな要求に基づいて、カード組織の機能を十分に発揮し、商業銀行や各産業方面と共に中国の銀行カード産業における発言権や主導権をしっかりと握り、国家経済、金融安全を保護していきます。さらに、中国の銀行カード産業の急速かつ健全な発展を促進し、国民に良質、安全かつ効率的な銀行カード総合決済サービスを提供していきます。あわせて、中国国内において権威、公信力を持ち、世界で競争力と影響力を持つ国際的な銀行カード組織を構築し、銀聯ブランドが世界的な影響力を持つ国際主要カードブランドとなるよう取り組んでまいります。

  注:銀聯カードは、中国銀聯がカード発行銀行識別番号(BIN)を分配、管理し、中国銀聯制定の銀聯カード業務規則と技術基準に基づき発行されています。現在、中国銀聯の各メンバー発行の銀聯カードは、主にカード番号が“62“から始まり、カード券面には“銀聯”のロゴマークがある銀行カードです。

  

戻る
関連文章