ユーザー名 パスワード
 
 
銀聯についてオンライン決済カードホルダーサービス
 現在の位置: | 日本語ウェブサイト サービス 政策・規約
関連政策及び措置を確実に実施し 中国銀行カード産業の発展を促進

  2005年5月9日、中国人民銀行及び発展改革委員会、財政部、商務部、公安部、情報産業部、中国銀行業監督管理委員会、税務総局、外貨局が共同で「銀行カード産業発展の促進に関する若干の意見」(以下、「意見」という)を公布した。「意見」は銀行カード産業発展を促進するための政策及び措置を全面的に提出し、銀行カード発展の指導思想及び原則、目標、行動の重点を明確にした。「意見」の公布は市場の成長を積極的に推進し、法規及び制度の建設を完備し、公共教育と宣伝を強化し、関連事件及び問題への対策を改善し、市場への参加者の権益を着実に確保し、銀行カード産業の持続的かつ着実な発展を促進した。

  過去の一年間に、中国銀行業監督管理委員会は「意見」を指導思想とし、積極的に銀行カード事業の発展を促進し、以下の分野を中心に活動を実施した。

  一、着実に銀行カード市場の成長を促進

  銀行カード市場の成長を規範化して促進するため、中国銀行業監督管理委員会は、商業銀行行政許可事項の実施方法及び提携金融機関行政許可事項の実施方法を制定した。当該制度は従来の審査許可制度を報告制度により代替し、銀行カード業務の市場進出手続きを有効に簡単化させ、銀行カード業務の発展を着実に推進した。2005年の統計によると、中国国内においてカード発行機関が23社、ATM端末が1.8万台増加した。また、工商銀行、農業銀行及び中国銀行は、金融許可証を有する銀行カード業務専門機構を設立した。中国国務院による「‘三農’問題を確実に解決し、農村の金融サービスレベルを高める」という目標を実現するため、中国銀行業監督管理委員会は農村地域における銀行カード業務を積極的に推進してきた。2006年3月までの統計では、35の農村商業銀行及び農村協力銀行、農村信用社がデビットカード業務を開始した。一方、常熟と江陰の2農村商業銀行と寧波鄞州農村協力銀行はデビットカード業務を開始した。

  二、銀行カード犯罪取締とリスク防止の行動を展開

  2005年以来、中国銀行業監督管理委員会は銀行業犯罪対策検討行動会議を8回も開催し、商業銀行犯罪対策検討会議制度及び関連監督・検査制度を規範化した。銀行カード犯罪の特徴に応じて、中国銀行業監督管理委員会は銀行カード違法・犯罪の遅滞なく報告制度と適時通報制度を制定し、商業銀行銀行カードリスク防止検討会議を開催し、銀行カードリスク管理及び安全管理状況を数回も通報した。また、同行は国有商業銀行、株式商業銀行及び農村信用社に対し銀行カードリスク防止への全面的な自己検査を要求し、人民銀行と共に「クレジットカード業務リスク防止の問題に関する通知」を公布した。また、中国銀行業監督管理委員会の関連機関はイシュア機構、アクワイアー及び清算機構の特徴に応じて、管理に関する重点的な要求を提出し、銀行カード犯罪取締とリスク防止を確実に強化した。現場における検査及び現場以外の場所における監督管理をさらに強化するため、中国銀行業監督管理委員会は情報統計制度を次第に完備し、銀行カード業務へのトラッキング、監察及び分析を強化し、関連管理制度の制定及び改善のために、科学的な根拠を提供できるようになった。

  三、銀行カード法規・制度の整備を積極的に促進

  中国銀行業監督管理委員会は中国国務院法制課と積極的に協力して「銀行カード条例」の起草を行っている。また、同委員会は人民銀行、商業銀行、中国銀聯公司等と数回にわたって交流及び協議し、銀行カード業務の監督管理モデルやリスク管理、市場参加者の権益保護、アクワイアーの主体と監督管理、多部門の管理協調体制等の問題をめぐって監督管理意見と提案を提出した。中国銀行業監督管理委員会は「商業銀行信用授与行動案内」、「商業銀行外部営業業務案内に関する指導意見」等の7部の規範的資料を適時に制定及び公布し、銀行カード業務の市場進出許可やリスク評価、市場リスク管理、信用授与業務リスク管理、操作リスク管理、外部営業行為等に関する具体的な規定を制定し、銀行カード業務を有効的に指導し、その規範性を高め、健全な成長を促進した。

  四、公共教育と宣伝活動を確実に強化

  中国銀行業監督管理委員会はインタネットとメディアを充分に利用し、銀行カード金融知識の教育を普及し、法規を宣伝する。また、同委員会は銀行カードによる犯罪の事件を適時に通報し、カードホルダーの法的意識と自己防衛意識を高めた。

  銀行カード産業は当面、銀行産業を構成する重要な部分であり、銀行業の健全な発展と国民の金融消費安全に関わる。今後、中国銀行業監督管理委員会及び各地の銀行業監督管理局は人民銀行等の部門と積極的に協力し、銀行カード市場に対する監督・管理体制をさらに強化し、制度制定・機構管理・リスク防止等をさらに細かく分類して確実に行い、銀行カード市場の持続的かつ着実な発展を促進する。

  中国国務院法制課と協力しつづけ、「銀行カード条例」の起草を行い、「銀行カード条例」の完成を早めようと取り組んでいる。また、銀行カード業務発展中起きた新しい状況と問題を緊密にトラッキングし、市場行為を規範化するための規定・制度を制定して実施し、健全な銀行カード法律法規体系を段階的に完備させる。

  有効な銀行カードリスク防止と犯罪取締体制を制定し、銀行カード業務のリスク評価を強化し、銀行カード業務展開のリスクと緊密に関連する各段階を監視する。カードイシュア機構及びアクワイアー、下請け機関のそれぞれの特徴に応じて、リスク提示を行う。顧客からクレームを提起された銀行カード業務に関する問題を調査して明らかにし、各商業銀行に銀行カード業務サービスの改善を要求する。商業銀行による銀行カード業務の専業化機構の設立を支援する。また、商業銀行が銀行カード管理体制において積極的に革新を行うことを支援する。

  公共教育及び宣伝、情報公開をさらに強化し、銀行カード業務展開による生じたリスク、特に一般消費者の利益に損害を与える詐欺リスク等に対して遅延なく提示を行う。商業銀行に銀行カード業務契約書の規範化を促し、公平競争と市場進出者の合法的な権利と利益を確保する。

  国務院関連部門との交流及び協調を積極的に強化し、健全な交流・協調体制を制定し、監督管理に提携し、関連業務を共同に展開し、銀行カード業務発展に有利な基本環境を整備する。

  過去の一年間、中国銀行業監督管理委員会は銀行カード業務発展の促進において素晴らしい成果を獲得した。同委員会は中国国務院の正確な指導を受けて業務を展開し続け、監督管理の義務をよりよく果たし、関連部門とともに銀行カード産業の持続的かつ着実な発展を促進することに寄与する。

戻る
関連文章