ユーザー名 パスワード
 
 
銀聯についてオンライン決済カードホルダーサービス
 現在の位置: | 日本語ウェブサイト プレスセンター 銀聯ニュース
135国と地域まで拡大された銀聯カード業務
--ペルー商家銀聯カード事業の初回オープン

中国銀聯董事主席の蘇寧(中)とProcesosMC総裁のAugusto Pflucker(左)は共同に事業オープンを発表されました。中国ペルー駐在大使の黄敏慧(右)はお祝に顔を出しました。


当地時間11月15日、中国銀聯とベルー最大の商家ネットワークの一つのProcesos MCはリマでProcesos MC傘下の商家銀聯カード事業の全面的なオープンを発表されました。銀聯カードは初めてベルー商家で広い範囲の受理を実現しました。中国銀聯董事主席の蘇寧は式典で銀聯国際ネットワークを境外135国と地区まで拡大された、カード会員の境内外サーポート能力がさらに高めたと公表されました。中国ペルー駐在大使の黄敏慧、ProcesosMC総裁のAugusto Pflucker、ベルー国家銀行総裁のCarlos Díaz Mariñoは当日の活動に出席しました。

Procesos MCのベルー商家総数は55000社があり、カバー面は90%以上で、観光客が頻繁に訪れるホテル、レストラン、ショッピングモールやその他の消費場所を含まれ、銀聯カード受理の実現はこれらの商家に最大限度にカード会員のサービスを改善させました。去年、銀聯はベルー最大ATMネットワークオペレータ機関のInterbankとの連携を通じて、当地40%のATM銀聯カード預金引き出し業務をオープンしました。今度、商家受理のオープンは当地の銀聯使用ルートをさらに改善した、大幅に使用範囲を拡大しました。カード保有者にもっと良いサービスを提供するために、双方は「銀聯」受理ロゴの貼りと商家育成を開始しました。目下、40%の商家は目のさめるような「銀聯」ロゴを貼りました。

中国銀聯董事主席の蘇寧は銀聯国際業務の加速に伴って、銀聯受理ネットワークのカバー範囲、サービス能力とも絶えず強化されたと言われました。現在、銀聯業務をオープンされた135国と地区は中国観光者が好きな出国目的地と中国企業貿易活動が多い区域です。銀聯カードは国境を越える重要な支払ツールとなり、中国とこれら市場の交流を促進した、カード保有者に好まれます。銀聯はずっとwin-winの協力理念を主張して、Procesos MCはベルー市場優勢を持って、双方協力の強化は当地のカードサービスを向上させました。近年、銀聯はラテンアメリカの10以上の国と地域で銀聯サービスを開設した、取引量の年間平均成長率は40%です。

Procesos MC総裁のAugusto Pfluckerは初めて銀聯商家受理業務をベルーに導入することがとても喜んで、ベルー中国両国往来のますます緊密に伴って、銀聯業務はProcesos MC及び傘下の商家に新しい機会を与えることができると言われました。Procesos MCは傘下の商家「銀聯」ロゴの貼りを加速させ、レジ係の育成訓練を手配し、ベルーを訪れる銀聯カード会員のために、より親密なカードサービスを提供し、さらに中国ベルー両国の経済貿易交流と発展を促進しようとします。

中国ペルー駐在大使の黄敏慧は銀聯とProcesos MCの成功連携を祝いました。彼女はベルーは中国と外交関係を確立した一番早いラテンアメリカ諸国の一つで、国交樹立後、両国間の様々な分野での交流は、急速に発展した、2011年まで中国はペルーの最大の貿易相手国となって、観光市場の潜在力も大きい、銀聯カードは、ますます重要な役割を果たすことができると言われました。大使の黄敏慧は双方の連携が多い成果を取得し、地元機関との協力を続けて強化し、ベルー経済発展に新動力を注入し、中国人はベルーへ貿易や観光消費に行くため、より多い支払利便性を提供し、積極的に両国関係を推進させるように願います。

戻る
関連文章