ユーザー名 パスワード
 
 
銀聯についてオンライン決済カードホルダーサービス
 現在の位置: | 日本語ウェブサイト プレスセンター 銀聯ニュース
人気の海外旅行先におけるカード利用について

最近人気の海外旅行先におけるカード利用について、本年度夏期(78月)の銀聯カード海外取扱い状況の分析によると、この間、銀聯カードホルダーに人気の海外旅行先は依然としてアジア太平洋地域がメインではあるものの、ヨーロッパと北米地域における取扱高の増加も見込まれています。銀聯カードの海外での取扱高上位15位に入る海外旅行先はそれぞれ次の通りで、上からマカオ、香港、台湾、韓国、フランス、シンガポール、スイス、タイ、日本、マレーシア、ドイツ、アメリカ、イギリス、オーストラリア、イタリアとなっています。銀聯カードの海外における取扱い分布状況は、中国人観光客の海外旅行の傾向とほぼ一致しており、「中国人が行くところ、銀聯カードあり」という特徴を呈しています。
 
アジア太平洋地域の人気の旅行先で銀聯カードの幅広い利用が可能
地域の分布から見ると、アジア太平洋地域の香港、マカオ、台湾、韓国、日本及びシンガポール、マレーシア、タイは依然として中国人観光客にとって一番ホットな海外旅行先であり、これらの7つの市場は全て中国人観光客海外旅行先の上位10位に入っており、銀聯カードはこれらの地域でも大変便利にご利用いただけます。その中で、香港は現金自動預け払い機(ATM)での銀聯カード取扱いが100%近くに達し、加盟店(POS)で90%を超えました。マカオではそれぞれ99%と95%となっています。また、シンガポール、マレーシア、タイではほとんどのATMで銀聯カードの利用が可能であり、加盟店でのカードの取扱いも増え続けています。
さらに韓国では銀聯カードを取扱う加盟店がソウル、釜山、済州島、仁川など各観光大都市に幅広く分布しており、すでに加盟店の商圏を形成しつつあります。101日、韓国は一ヶ月間に渡り「銀聯カードショッピングキャンペーン」として銀聯カード還元キャンペーンを行い、台湾は「銀聯台湾文化の旅」シリーズキャンペーンを展開する予定です。
 
地震で被害を受けた日本は、観光業を全力で推進すると同時に、大規模な銀聯カード決済を導入しました。データから見ると、今年の78月は地震直後の56月と比べ、銀聯カードの取扱高は140%増超となりました。
現在、日本に観光に訪れる銀聯カード会員の皆様に向け、「関西・九州キャンペーン」、「秋冬の北海道キャンペーン」と銘打ち、銀聯カード優待キャンペーンを実施しています。福岡、大阪、京都、神戸などの九州、関西地方の主要都市にあるデパート、家電量販店、ドラッグストア及びレストランなどの加盟店にて銀聯カードで1万円(税込み)以上の商品をお買い上げいただくと、クーポン券ご利用で1000円の割引が受けられます。また、中国人観光客に最も人気のある北海道の11店舗の加盟店において、銀聯カードでのお支払いが1万円以上の方に、事前に入手したクーポン券をご利用いただくと、その場で1000円の割引優待を行なっています。
 
ヨーロッパで銀聯カードが大人気、アメリカでは銀聯クレジットカードのサイン決済が可能
欧米は中国人観光客のホットな観光新スポットとなっており、カード会員が現地で銀聯カードを使って支払う機会がますます多くなってきています。アメリカ、イギリス、フランス、スイス、ドイツ、イタリアの市場において、前年同期比での夏休みの取扱高の増長幅は、最初に述べた上位15位の市場平均増長幅と比べ、更に高い傾向となっています。これらの国と地域において、銀聯カードの利用環境が整いつつあることが、主な理由として挙げられます。
 
アメリカでは、銀聯カード会員はデビットカードでのパスワード入力による支払いの他に、クレジットカードによるサイン決済も可能です。今年、銀聯クレジットカード(カードの券面には「銀聯」のロゴマークのみ、且つカード番号が62で始まるクレジットカード)はアメリカの各主要加盟店にて、サインのみの本人確認による支払いが可能となり、カード会員は金額を確認しレシートにサインするだけで、パスワード入力の必要がありません。現在、アメリカの400万店余りの加盟店で、すでに銀聯カードの利用が可能となっています。それらは各大都市のデパート、レストラン、ホテル、スーパーマーケット及び中国人観光客の好むブランドショップに広がり、現地の加盟店の半数以上を占めています。同時に、9割以上のATMで銀聯カードでの現金引出しが可能です。
 
また、欧米の主な観光都市の中国人観光客がよく訪れる有名店、特に観光客の好むブランドショップでは相次いで銀聯カードの取扱を開始しました。本年度夏期の中国銀聯海外十大都市ショッピングキャンペーン期間中、パリのギャラリー・ラファイエット(Galeries Lafayette)、カウフホーフ百貨店(Galeria Kaufhof)、ミラノ百貨店リナシェンテ(La Rinascente)、ハワイのDFSギャラリア・ワイキキ(免税店)などのキャンペーン参加加盟店には、多くの中国人観光客が訪れ、取扱高は前月比と前年同期比共に顕著に増えています。
 
銀聯カードの利用範囲、引き続き拡大中
上記以外に、世界のその他の地域、例えばオセアニアや中東地域などでも、銀聯カードの利用がますます便利になっています。アラブ首長国連邦を例とすると、毎年数百万人の中国人が訪れたり経由国として立ち寄っており、銀聯カードは現地の有名な加盟店とATMで便利にご利用いただけます。

    現在、銀聯カードネットワークは海外の110余の国と地域に拡大しており、中国人のよく行く観光やビジネス、留学などの目的地をほとんどカバーしています。アジア、ヨーロッパ、アメリカ、オセアニア、アフリカのどの地域においても、カード会員の皆様には銀聯カードの速くて、安全で、効率的なサービスを実感いただけます。また、中国銀聯は中国人観光客のよく訪れる17の国と地域にある34のネットワークで、初めて海外緊急現金支援サービスを開通しました。海外へお出かけの際は、カードご利用の注意事項にご留意いただくとともに、銀聯カードのご利用で現金使用を控え、両替手数料を節約し、様々な優待サービスをご活用ください。


戻る
関連文章